春の到来

家の近くの木々の間から鶯の鳴き声が聞こえた。
まだ葉をつけていない梢に、鶯を見た。小さな体の割には大きく、響き渡る声だ。
春がやっと来たなと感じる瞬間でもあった。

春の訪れは気持ちを和やかにしてくれる。
冬の間寒さに耐えていた木々がいっせいにその存在を誇示する。生命の息吹を感じる季節だ。


今年も花見ができそうだ。

先日漢方の薬局店を訪れ、血液の老化度を測ってもらったら、血管が少し詰まっているとの診断を下され、クマササエキスなるものを購入して、毎日飲んでいる。3ヶ月後にもう一度はかるわけだが、本当に効果があるのだろうか疑心暗鬼だ。
腎臓の状態も少し良くない。漢方でいう「腎」を改善していかなければならないと言われた。腎とは血液に関することのようだ。
なかなか元の状態には戻れないが、ゆっくり進んで行くしかないのだろう。

"春の到来" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント