あのインフルエンザが

私が住んでいる市の近くで、インフルエンザの患者が出た。

早速マスクを買うために薬局へ出向いたのだが、売れ切れで、残っているのは高価なマスクばかりである。

免疫力が落ちている者にとっては不気味である。
季節インフルエンザと同じように、湿度と熱に弱ければいいのだが、今回のインフルエンザはそうでもなさそうな気配だ。
うがいと手洗いだけは欠かせない。人ごみも避けなくてはなるまい。

先週新車が来た。
前の車は14万キロ近く走り、エンジンの調子がおかしくなってきたのと、エコカーを買うと諸経費が安くなるとのことで、時期が来たかと思い、買い替えとなった。
入院中、ほとんど毎日妻が、病院までの片道30キロ近くの道のりを走ったり、私の外来にも使用したためか、使用年数が短い割には走行距離は長かった。
ハイブリットカーも検討したが、納車までかなりの日数がかかるのと、価格の面で断念。

それから我が家に猫も来た。
妻が捨てられた子猫を家に持ち込んできたのだ。
藪の中から現れ、せつない声で鳴き、妻にまとわりつくため、不憫に思い、また、一緒にいた友人たちからは、このままでは餌食になってしまうなどと言われ、見過ごすことのできなかった妻は、自宅に連れてきてしまった次第である。
それから我が家は猫の世話でてんてこ舞い。えさや、猫用のトイレを買ってきたりで、猫一色である。
今ではすっかり慣れ、家じゅうを走り回っている。
餌を欲しがる時、あのせつない声で鳴くのだが、それにつられて餌をあげると、太り過ぎになると獣医から言われ、心を鬼にして、餌は一定量だけを与えることにしている。

この結果、私の外出もままならくなってきた。


外来が2カ月おきから3カ月に変わり、ちょっぴり朗報だ。
血液の状態は良くても、体力はなく、だるさはいつも少し残っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック