いよいよ冬へ

 この冬初めての木枯らしが吹いた。昼間の気温は高くても、風には肌を刺す冷たさがあった。いよいよ冬である。子どもの頃冬になると、軒先に氷柱が垂れ下がっているのを見かけたものだが、最近は全く見ていない。雪が降ってもすぐに解けてしまう。地球が暖かくなったのは確かである。   温暖化は徐々に進行するので、気がつかないうちに地球全体が侵され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同窓会へ出席するか迷う

 先日、高校時代の友人から久しぶりに電話がかかってきた。名前を聞いたとき、声が変わっていたため始めは誰だかわからなかった。自分では気がつかないうちに、体も声も年齢と共に変わっていく。街で高校時代や学生時代の知人とすれ違っても気がつかないだろう。    高校のクラブの同窓会を開こうという提案であった。昔の激しい稽古をした仲間たちと会い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予防注射をした

薬をもらいに病院へ。  待合所で1年ぶりぐらいに同じ病室にいたWさんと再会し、再会の喜びを分かちあった。移植してから2年以上経過しても、まだ私と同じように疲労が襲うそうだ。いまだに口内炎がひどく、口の中が痛み、食事をするのが難儀であるとのことであった。でも元気な姿をみて、お互いにホッとした気持ちになる。同病相憐れみになるのではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食欲がないときは

 いつも通りに午前中はだるく、午後から回復するパターンである。  移植後の後遺症と、この先まだ長い間立ち向かっていかなければならないかと思うと気が重くなる。2年ぐらいしたら元気になっているものと想像したものだが、期待はずれである。だが少しずつ改善している気配があるようなので、それがわずかな救いである。  食欲が落ちたときは、いつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時の浪費

 寒さの襲来である。街を歩く人々も寒そうに身を曲げながら歩いていく。  低気圧が到来すると体調が悪くなる傾向がある。今日も午前中はひどく疲れ寝ていた。元気を出そうと思いつつも体が動かない。  布団の中であれこれ考えているとあっという間に時が経過している。  同じように、入院中はほとんどすることがないので、空想しているうちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉狩り

 起きたら少し気分がよく、天気はよかったので、突然紅葉が見たくなり、少し遠出した。  紅葉で有名な場所の山すそは、紅葉に成りかけてきた状態であった。山頂あたりは見ごろのようで、ケーブルカーに乗る人の車で駐車場は一杯だった。  人が多いのを遠慮して、山麓や田園風景を眺めながら気の向くままドライブをしていたら、道端に農家の人が柿を販売し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自立への道

 知的障害者のための施設が、石窯で焼いたパンの販売と、ピザレストランをオープンしたので、行ってみた。路から少し中に入ったところにあるため、目立たないが、木造づくりの落ち着いた雰囲気を醸し出す家屋である。この施設を支える親の会の人たちも一緒に働いていた。  10月に開店したばかりのため、まだまだ動きはきごちないが、一生懸命働いている様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穏かに日々をすごせたら

 昨日は、うららかな日和の下、妻が借りている畑でわたつみ会を開き、約20人ぐらい集まった。  初めて参加した子供や大人たちが綿を摘み、それを綿繰り機で種を取ったり、スピンドルで綿糸を作る練習をしたりして楽しんだ。  食事は焼肉、豚汁、焼き芋など、料理のとても上手な女性が調理してくれた。普段は味噌汁は飲まないと言っていた7歳ぐらいの少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化の日に

 今日は土曜日と祝日が重なったため、夕刊が配達されないことで祝日・文化の日だと気づいた。日本国憲法が公布された日である。  最近、体調がよいときと悪いときが交互にやってくる。今日は悪い日に当たり、寝て過ごしたが、夕方になって買い物に出かけた。ガソリンの値が上がったにもかかわらず道路は渋滞していた。  ガスファンヒーターをネットで買っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ薬の世話になる

 検診日であった。先週は二回も緊急外来で訪れているためか、緊張はなく診断を受けることが出来た。肝臓の状態を表す数値が悪かった。GVHDか先週多量に服用した抗生物質が影響しているのであろうか。  CREの値は平常値に近づいたので、腎臓はすこしよくなってきたのかな。  長期に渡る薬の服用が終われば終わったで、不安が生じるものだ。今回…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少し回復

 膀胱炎になり、その治療方法で大量の水を飲むことになった。一日2リットルの水分を補給し、どんどん尿と共に感染ウイルスを排出した。排尿時の痛さをこらえながら、30分おきぐらいにトイレへと走った。血尿も見られ、これでは入院は必至かなと思ったが、昨日あたりから、痛みが少しずつ引き、尿にも血尿が見られなくなった。さらに食欲が出てきたので快方に向…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

厄介な病に

 金曜日から具合が悪くなり、緊急外来で診察。結果膀胱炎ではないかと診断され、それ以来排尿時の痛みと戦っている。何事にもやる気がせず、陽を浴びながら寝ている始末だ。  移植後2年目を愉しく祝おうとしたのだが、暗転して、再び病の世界へ突入。  移植後2年経過すれば、リスクが回避できるといわれているが、後遺症は次から次へと出てくるものだ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

講演を聴いて

 入院していた病院の、事務部長さんの講演会があったので聴きに行った。病院が抱えている問題を率直に話してくれ、とても中身のある講演であった。  一番の問題は医師不足である。社会問題化しつつある産婦人科や小児科の医師不足はかなり医療現場では深刻のようだ。医学生の多くが、責任がかかりにくい眼科、精神科を選ぶとともに、将来開業医としても成り立…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

気持ちを入れ替える

 高山では紅葉が見ごろになり、北海道では初雪が降った。いよいよ冬へと向かう。温暖化の影響で暖冬になりそうだといっても、毎年暖冬が続けばそれが日本の冬景色になる。  温暖化対策でエタノールを使う車の需要が増えるのを見通して、アメリカでは大豆や小麦畑などが、利益がより出るサトウキビやとうもろこし畑に変わりつつある。この結果食糧不足が深刻に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しみを見出す努力

 爽やかな秋の陽が降り注ぎ、そのためか体調はよかった。  薬を減らすと、体が慣れるまでに時間がかかる。無理やり薬をやめれば振り出しに戻ってしまう恐れがあるから長期戦で減らすしかない。   時々昔の記憶が懐かしく蘇る時がある。思い出は衝撃的な場面しか断片的に覚えておらず、35歳以降の記憶はごちゃ混ぜでいつの歳のことかも曖昧にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波高し

   急に寒さが襲ってきたような日であり、午前中は体調が悪かった。  食欲がある時と無い時が交互に入れ替わる日々が続いている。食欲がない日でも、一時的に食欲を覚えることがある。その時に食べようと思うのだが、あっという間に空腹感は去ってしまう。  肝臓の調子がよくないためか、ビールを飲んでもうまいと感じないので、禁酒をしていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血液事業が大赤字

 朝刊の一面に「日赤 血液事業赤字180億円」と書かれた大きな活字が目に入った。検査経費がかさんだ結果であるようだ。われわれ、血液疾患の患者にとってはただ事ではない記事内容だ。  最終的には血液製剤の大幅な値上げで処理しようとするのであろうか。しかし支出の4割が人件費であることから、たぶん天下りの役人などが高額な給料を頂いているに違い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老いる寂しさ

 過ごしやすい天気が続き、体調はそれに応えるように上向いてきたようだ。食欲がやっと出てきた。疲れも以前ほどではない。体調が悪いと湿疹が手に出るようになり、それが体調のバロメータになっているようだ。この湿疹が無くなれば、抑制剤を減らすことになる。  移植後の後遺症が体のあちこちに出没する。白斑が頭の部分に出きたり、時々手が痺れたり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済的負担は大きい

骨髄移植が決まり、地固め療法の真っ最中のYさんを見舞った。ドナーは妹からと決まったが、大きな問題があることを語ってくれた。妹さんは外国で生活をしているため、検査のたびにはるばると日本まで来なくてはならず、旅費の負担が大きくのしかかる。さらに、移植後も4週間ほど日本に滞在しなければならないということで、彼女の生活費も負担しなければならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more