友への挽歌

 風邪が悪化する前に病院へというわけで、金曜日に外来に行ってきた。  当日の担当医は、たまたま前の主治医だったため、現在の状態をチェックしてもらい、肺への影響はないといわれ、薬の処方箋をもらい、薬局で購入。  予約外来患者の数が多いのは月曜日と火曜日である。私の外来日は、以前は火曜日だったため、採血するにも、事務処理にも時間がか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春はすぐそこに

 今日は1936年におきた2.26事件の日である。誰もが、この出来事を中学や高校の授業で学んではいるものの、あまり気にも留めない日になってしまった。しかし、日本が戦争へと向かうきっかけにもなった出来事である。  あれから72年、この間歴史は目まぐるしく動き続けた。  人類のあらゆる悲劇を体現したと同時に、新たな文明を生み出したともい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すこし体力がついたかな

 あまり明るいニュースは最近はない。経済的に暗い雰囲気が漂うと、社会も暗いムードでおおわれていく。  バブルの頃の浮かれた時代は、現在からみれば、異常に映る。しかし、私たちの記憶からあの頃の時代の空気は消えにくいものだ。  仕事が忙しくなり、日曜日も出勤の状態が続いているが、さほど疲れもないのは、以前に比べたらだいぶ体力が回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

値上げラッシュ

 小麦粉の値段が4月から30%もあがることになった。他の商品や、医療費も上がるようで、値上げラッシュが進行中である。物価の値上げに比べて、賃金があがる様相はない。  エネルギ-危機や食糧危機が既に始まっている。歴史はあとになってその時代を評価するから、その最中にいるときは気がつかないものだ。  上がるのは公務員か大企業の社員の給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あれから4年

 4年前の今頃、首の付け根に大きな腫れ物ができて、近くの医院に行ったが、おできだと診断され、その膿を処理するのに2週間ぐらい通院した。この間も、咳がやまず、日毎に体がだるくなり、息切れが激しくなるのを感じ、鼻をかむと血が混じるようになった。通院していた時も、医師が風邪だと診断して薬を出してくれたが効かなかった。長引く風邪だなと思い、市販…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出会いは必然か偶然か

 生まれた時から、現在の自分まで辿ると、一本の糸に、様々な人やモノやことが絡みあいながら伸びてきているようだ。  人と人との出会いは奇妙なものだ。もしある酒場に入らなかったら出会うこともなかった友人や、ある電車に乗ったら、ばったり中学時代の友人に出会ったりしたこともあるが、そのような出会いを今から辿れば必然的なように思えるが、出会いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い

 寒さが厳しく、冬を感じさせる日が続く。  久しぶりにアヒルに会いに行ったら、車が止まるとあっという間にオオバン鳥に囲まれてしまった。鳥たちは覚えている。アヒルもせがむように寄ってくる。鳥たちには餌を誰かが与えているのだろう。ここの鳥は人を恐れない。他にも多くの鳥がいて、さながら野鳥の楽園の雰囲気だ。それにしてもこの寒さの中、どのよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粗大ゴミの処理

 薬の量が減ったためか、体がすこし軽くなったような気がする。体重は変わらないものの、気分がすこしすっきりしてきたようだ。担当医が話してくれたように、薬が減っていくといつの間にか体のだるさは消えていくものかもしれない。  移植後2年以上免疫抑制剤を続ける人は3割ぐらいいるそうだ。GVHDが出れば、再発の危険性が薄らぐという安心感があるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪が

 今日は節分。  珍しく朝から雪が降り続いた寒い日であり、外の風景はまるで雪国のようだ。家の中に閉じこもり何もすることなく過ごした。時の浪費である。  「鬼は外、福は内」の声は聞こえない。歳の数だけ豆を食べれば、健康になるという言い伝えを信じて子どもの頃は食べたことがある。  私たちの生活から伝統的なものが失われていくのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

患者会

 10日前頃から咳があり、風邪かなと思っていたら、日曜日に咳と痰がはげしくなり、寝込む。  月曜日に、心配した妻が、病院へ行けとせがむので、緊急外来。この日の外来担当の医師は、私の移植の担当医であったため、私の体のことはよく承知しているので、気楽な気持ちで診察にのぞむことが出来た。  風邪の症状ということで痰と咳止めの薬と、抗生物質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復職するまでには

検診日であった。  体調は良くないものの、血液の状態は変わらなかったので、免疫抑制剤がすこし減ることになり、薬ゼロまでほんの少し近づいた。  担当医に私の経過について聞いたところ、年齢を考慮しても、かなり順調に経過しているとの嬉しい言葉が返ってきた。   私がこの病院を紹介されたとき、医師たちは私の年齢を気にして、移植に耐えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代は変わる

 プレドニンをやめてからどうも食慾がなくなり、すこしGVHDの影響が出てきたのかもしれない。  体調にも良くなる兆候はない。  教科書どおりに進まないのが、この病気であり、社会の成り行きだ。  さっぱり先が読めなくなった時代になってしまった。それが人々の不安を生み、時代は思わぬ方向へと進んでいく。  最近読んだ本に書かれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災から13年

阪神淡路大震災から13回目を迎えた日だ。多くの人の命が奪われ、多くの悲劇を生んだ。  震災に遭遇した人々から悲しみは消えない。  私の父は神戸生まれまれで、ちょうど1年後のこの日にあの世へ旅たった。奇遇だ。  寒い日であった。友人宅を訪れ、昼食を共に食べた。  彼は膝が痛いため、この寒さはかなり膝にひびくようである。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会に参加

 昨日は久しぶりに知人たちと飲んだ。飲んだ量は病に罹る前とは比較にならないほど減ったが、それでも酔いが体内を駆け巡った。何年ぶりだろう。  居酒屋を出たら、寒さが襲ってきた。心地よい寒さだ。  一緒に飲んでいたひとりが、「今日はとても幸せな気分になった」という言葉が印象に残った。  酔うことで、何もかも忘れ、日常の束縛から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞の切抜きから

 朝日新聞に連載されている「患者を生きる」のがんの部で、白血病が取り上げられており、興味深く読んでいる。  記事を読んで、白血病に罹った人にだけわかる不思議な連帯感を感じてしまうのは私だけではないだろう。  死を恐れ、「生きたい」という強い願望が誰もの心の中に占めていることがわかる。    この病気と対峙することで、今まで見えな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Yさん、移植へのカウントダウン

 薬を取りに病院へ。病棟のYさんを見舞う。いよいよ移植へのカウントダウンが始まった。先日ヒックマンカテーテルを入れ、日程表も渡されたようだ。  移植への不安は誰もがもつ。すでに担当医から相当の知識を得ているが、それでも私の体験談が少しでも不安の払拭に役立てばと思い、移植後の状態などを語った。  治療がうまく運ぶことを祈るだけであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不安な知らせ

 この3日間、体調が悪く、食欲もないまま過ごしてきた。    時々書き込みをしてくれる方から、不安な書き込みがあった。移植後1年を経て、マルクの結果、再発したことがわかったという書き込みだ。ショックだった。  彼に対して、月並みの言葉しか言えない自分が情けなくなる。当人や家族の方はさぞかし辛い思いをしているに違いない。想像するだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春はまだ遠し

 薬の服用量が変わると1週間ぐらいたつとその影響が出てくる。プレドニンの服用がゼロになったら、また湿疹がすこし出始め、体調も悪い。食欲がなくなった。無理やり食べるしかないのだろう。  病には正月も休日もない。突然訪れて、すぐに消え去ってくれればいいのだが、しばらくは今の状態が続きそうである。正月はまあまあの状態で過ごせた。  結…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の目標

 新しい年が始まった。  今年の目標は  一 薬がゼロになること。  一 ジョギングできるようになること。  一 フルに働けるようになること。    大きく社会が変化する予感もする。  良い方向へ向かえばいいのだが、利害が絡むとうまくはいかないものだ。 今年は環境問題が大きなテーマになるだろう。  どのような解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

得たもの失ったもの

白血病になり、失ったものも多いが得たものも多い。天秤にかけてどちらが重いのかを、量れば、失った側が重いだろう。失ったものは肉体的なものが多く、得たものは精神的なものが多い。    人の善意にすがりながら生きている自分の存在を知り、私は他人のために何をなしてきたかを考える時間が増えた。  明日は大晦日。今年1年無事に過ごせたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more