白血病に負けないおじさん

アクセスカウンタ

zoom RSS 思考停止

<<   作成日時 : 2006/10/27 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

 朝目が醒めたら頭がふわっとした感じがあり、薬の効き過ぎなのか、それともまだ風邪が治りきっていないのか、どちらとも判断できない状態だった。仕方なく午前中は寝床で本を読んで過ごしたが、思考力停止でただ字面を追うだけで、頭に入らず。
 病になってからちょっとしたことに対しても神経質になっている。もっとおおらかに構えたいのだが、なかなかそうはいかない。

 全国の高校で、文科省が指定した必修科目の単位不足が問題になっている。大学受験に関係ない科目は履修せず、ただひたすら受験科目を勉強するのは予備校的であるが、受験生にとってみれば、負担は大変である。
 私が高校三年の時、受験科目以外の数学や他の科目は必修科目だったため学ばざるをえなかったが、そのような科目は定期試験の前だけ勉強するだけであり、家ではほとんど取り組まなかった。授業もただ消化しているにすぎなくなってしまう。入試の日が近づくと焦燥感にとらわれ、受験科目以外の教科を学ぶのは時間の浪費のように思われ、真剣に学んでいるのはその科目を受験科目として選択する生徒だけであったと記憶している。
 高校で学ぶ教科が大学受験のためになってしまっている現状は、大学入試の合格実績だけが高校の評価に繋がるようになった結果であると言える。
 教育問題の根本的な解決には大学入試のあり方から議論しないと難しい。

 体調は良くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。50代の母が現在白血病で闘病中です。今日、お医者様からとても辛いことを聞きました。まだ気持ちの整理がついていませんが、インターネットで色々な方のブログ等を拝見し、他の方も頑張っていらっしゃるんだと感じました。前向きなお気持ちが伝わってきました。ありがとうございます。私たち家族も母と一緒にこれからも前向きに頑張りたいと思っています。
チョコ
2006/10/28 01:13
チョコさんへ
私が入院中一番励まされたことは、この病気から回復して社会復帰した人が病室を訪れてくれたことです。この病気は治るのだと自分に言い聞かせて諦めないことが良かったかと思います。
私も辛いことを医師から言われましたが、それは最悪の事態を想定したことだということで、あまり気に留めませんでした。
最後まで諦めずに生きることと、退院してからやりたいことを毎日思い浮かべると、気も安らぐでしょう。
管理人 ふーさん
2006/10/28 09:41
返信ありがとうございます。とても参考になりました。私たち家族が出来ることは毎日病気のことを意識しないよう、1日1日起こった出来事やテレビの話、そして退院してからの楽しいことを話しています。どうしても本人の辛さを分かってあげられないのですが、私たちも最後まであきらめずに一緒に生きていこうと思います。
今現在白血病の治療も成功率が上がっているといわれているので、信じたいと思います。
ふーさんも母と一緒に回復されることを祈ります。
チョコ
2006/10/29 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
思考停止 白血病に負けないおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる